貸衣装屋さんで借りたウェディングドレスのこと

ウェディングでの花婿の衣装替え

結婚式で注目されるものといえば、やはり花嫁のウェディングドレスが一番だと思います。
なので男性側としても、花嫁のお色直しを何回するかという話には真剣になっても、自分の衣装替えになると「え?男でもするものなの?」と驚く人も多いようです。
実際、私の弟がそういう人間でした。
他にも驚いたのが、結婚式で着る衣装の色です。
花婿の衣装となると黒色の正装が一般的なのですが、これは以前までは花嫁のウェディングドレスが白色ばかりだったので、それと相対する色合いでお互いを引き立たせるためだそうです。

でも最近では最初の入場シーンから白色ではなく、自分の好みの色を選ぶ花嫁も増えてきているので、隣を歩く花嫁のウェディングドレスの色とかぶったり合わない色合いでなければ、基本どんな色でも大丈夫だと、レンタル衣装を取り扱っているショップの店員さんが話してくれました。

そして花婿の衣装替えですが、花嫁のお色直しのドレスの色と合わせてすべてを交換するのも手ですが、ショップの定員さんがおすすめする簡単な衣装替えのコツがあって、それは小物や上着だけを交換する方法です。
ウェディングドレスだとドレスの雰囲気で全体的な雰囲気が決定されるので、小物でアレンジしてもお色直しほどはっきりと雰囲気が変わることはあまりありません。
でも花婿の衣装であるタキシードなどは中のネクタイやシャツの色を変えたり、上着を変更するだけで随分と違って見えるのです。
この方法は全部を取り換えるよりも割安なので、安く衣装替えしたいなと思っている男性はショップの店員さんと相談してみてはいかがでしょうか。

オススメワード

Copyright (C)2017貸衣装屋さんで借りたウェディングドレスのこと.All rights reserved.