貸衣装屋さんで借りたウェディングドレスのこと

結婚式での花嫁衣装の定番ウェディングドレスについて

私は3年前に今の妻と結婚式を挙げました。
私も妻も初婚で結婚式は初めてで、妻は結婚式を挙げるにあたり、衣装であるウエディングドレスに特に強いこだわりがあったようで、何度も何度もドレスの試着を行い衣装屋さんへ足を運びました。
妻は当時27歳で自分が結婚式を挙げるまでに友人の結婚式に15回ほど参加したようで、色々な花嫁姿のウエディングドレス姿を見ていたために、刺激を受けて、その分自分が主役の結婚式では妥協しない物を選び着たかったようです。
実際に結婚式の日程が決まり、ウエディングドレスを選ぶ日になったのですが、その日には決まりませんでした。
逆に私はタキシードですぐに決まりました。
女性用のドレスは男性の5倍以上は種類があり、店の端から端まで飾られていました。
一見みな同じように私には見えたのですが、妻にはそうではなかったようで、一つずつチェックして確認していました。
今まで参加した結婚式で友人が来ていたドレスとはかぶることは嫌だったようで、さらに昔からどのようなドレスが着たいかイメージがあったようで、とても時間がかかりました。

ウェディングドレスには芸能人がプロデュ―スしているものも多く価格はピンきりでした。
すべてレンタルでしたが、平均で1着30万円程でした。
私は一生に一度の女性にとってあこがれの日だと思っていたので、好きなものを来てほしいと思っていたので価格は気にしませんでした。
結局、マーメイドのウエディングドレスを選び、3回目のお店訪問で決めていました。
今でも結婚式当日のアルバムを見ますが、とても綺麗に思います。
なにより妻が満足そうで良かったです。

オススメワード

Copyright (C)2017貸衣装屋さんで借りたウェディングドレスのこと.All rights reserved.